「第2回 家族介護教室」を開催しました!!

こんにちは。アーバンケア新喜多の高平です。

寒い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。

私はよく風邪をひいてしまいますが、みなさん気をつけて下さいね。

 

11月20日(水)に家族介護教室を開催しました。内容は成年後見制度やエンディングノートについてで、寒い中9名の方に参加していただきました。

 

家族介護教室

 

 

講師はNPO法人 障がい者・高齢者市民後見 STEP 代表理事の竹村 哲也さんです。

後見制度の知識啓発、相談・利用支援、後見人の引き受けや講演等をされています。

 

家族介護教室

 

 

みなさん、エンディングノートは書かれましたか?

エンディングノートは人生を振り返り、情報や要望・希望をわかりやすくまとめ、しっかりと残しておくことで家族を助けるものです。

 

家族介護教室

 

「これからの人生のあり方を考える」きっかけにもなりますので、作成する事をお勧めします。今回は東大阪市が作成したエンディングノートを皆さんにお渡ししました。

 

家族介護教室

 

竹村さんに成年後見制度やエンディングノートについて講義していただきました。

一人暮らしの高齢者の方も増え、高齢になると認知症になる方も増えてきますので、そのためには備えが必要です。

みなさん今後のためにたくさん質問されていました。

 

 

家族介護教室次回も竹村さんに来ていただき、講義していただきます。

参加を希望される方はアーバンケア新喜多までご連絡下さい。

たくさんのご参加お待ちしております!

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA