「認知症初期集中支援チーム」って知っていますか?

地域包括支援センター アーバンケア新喜多の松原です。

勝手に名付けた「○○○」って知っていますか?の第10弾です。

 

前回の第9弾はこちら 東大阪市 「介護用品支給事業」って知っていますか?

お薬飲んだかな?

 

 

認知症が疑われる場合には、早期発見と早期対応が大切であると言われています。

ごみの出し方がわからなくなってきた、お薬の管理が難しくなってきたなどは認知症のサインかもしれません。

 

 

 

東大阪市においては認知症の初期の対応をお手伝いするために、医師・看護師・精神保健福祉士等で構成される専門職チーム『認知症初期集中支援チーム(東大阪市オレンジチーム)』があります。

東大阪市認知症安心ガイドブックより抜粋

 

 

東大阪市オレンジチームでは、認知症またはその疑いがある方およびそのご家族のもとへチーム員が訪問し、認知症についての困り事や心配と感じている事等をお伺いし、ご本人、ご家族の状況に合わせた医療やサービスにつなげる支援を行ってくださいます。認知症の初期段階では通院やサービス受け入れに対する拒否などが強く表れる事がありますが、丁寧に対応していただけるのでご安心ください。

 

 

 

2025年には700万人の方が認知症との診断を受ける事になるのではないかとの推計値も発表されています。高齢者の方々の5人に1人が認知症との診断を受ける数となります。

早期から医療や必要なサービスを利用することで、認知症の進行を緩やかにすることが出来ます。身近な方や近隣で生活上の行動が少し気になる方がおられましたら、お気軽に

地域包括支援センター アーバンケア新喜多 06-6784-0001 までお電話ください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です