介護予防教室 長田楽らく体操

皆さんこんにちは。

アーバンケア新喜多管理者の古川です。

今回は、毎月第4金曜日の15:00~16:00にアーバンリビング新喜多で開催されている、

介護予防教室『長田楽らく体操』の様子を報告します。

講師は御厨楽らく体操にも講師として来て下さっている、健康運動実践指導者の前田真理子先生です(^_^)

前田真理子先生

前田真理子先生

前田先生は、「心と体は一緒、繋がっている。体を動かせば心も元気になる。」をモットーに

皆さんが楽しんで参加していただけるようにと、いつも工夫して体操してくれています。

今回は14名の方にご参加頂きました。

元々のご友人や体操に参加したことでで知り合った方々もおられ、開催前からとても和気あいあいとした雰囲気です。

 

今回の体操は…

いつものように上半身から下半身へと、全身のストレッチから始まります。

ストレッチ終了後はリズムににあわせて、頭と体を同時に動かす「デュアルタスク体操」

左手は上、右手は前

右手と左手とで違う動きをする為、最初は皆さん苦戦されていましたが、徐々にできるようになっていました。

同時に別々の動きをすることは脳の活性化に繋がり、認知症予防にとても効果があると言われています!!

出来なくても、やろうと取り組むことに意味があるんですね。

 

そして最後は、皆で輪になって座り…

このいぼいぼボール?を使用して体を動かしました。

いぼいぼボール?

膝の間にボールを挟んでいます

膝の下にボールを通しています

足の裏側を通したり、膝の裏側や膝の間にボールを挟んでの運動です。最後にリズムに合わせて、隣の方へ順番にボールを渡していく運動をしましたが、皆さん一生懸命に取り組まれることもあり、これがなかなか白熱していました。

達成後の歓喜の叫び

私個人としては久しぶりに長田楽らく体操に参加しました。

いつも前田先生が楽しそうに運動されることもあり、参加されている皆さんもとても楽しそうに体操され、本当に笑顔が多い教室でした(^^)/

家でテレビを見ていてはこの笑顔は出てこないと思います。

介護予防教室は、言葉の通り「介護状態になることを予防する教室」です。

皆様またぜひぜひご参加頂けたらと思います。

新規での参加も大歓迎です。お待ちしていますm(__)m

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です