介護予防教室「長田楽らく体操」

こんにちは。介護支援専門員の宮内です。

新年あけましておめでとうございます。

今年は新型コロナウイルスの問題が少しでも落ち着き、外出や運動が以前のように楽しめる年であって欲しいと思います。

 

さて、今日は12/25(金)に開催した長田楽らく体操について報告させていただきます。

1部・2部ともに多くの方に参加していただきました。ありがとうございます‼

前田先生の指導のもと、今回はタオルを使った体操を行いました。

まずはストレッチから。

太ももの裏やふくらはぎもしっかり伸ばします。

体がほぐれたところで、次はタオルを使っていきます。

ギャザリングです。転倒予防に効果があり、小指まで動かすよう意識しましょう。

タオルを丸めて投げますが、力加減が難しい。

ふらつかずバランスを保持できていたので、前田先生がとても驚かれていました。

肩甲骨は第2のコアと言われるくらい重要な部位だそうです。

女性の方に多い下腹部の脂肪も、筋力が低下し、姿勢が崩れることでつきやすくなると

前田先生が教えてくれました。

長めのタオルを使った方がやりやすいですよ。

下半身もしっかり鍛えます。

スクワットもタオルを使ってできます。

最後は「ソーラン節」に合わせて体を動かしました!

曲に合わせた力強い動きです!

 

次回は、1月22日(金)長田東会館にて開催予定です。

今年も、皆さんと一緒に体操ができるのを楽しみにしています。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です