令和3年3月 長田「楽らく体操」

地域包括支援センターアーバンケア新喜多の宮内と松原です。

 

春が近づいてきている今日この頃ですが、皆さまはいかがお過ごしですか?

本日(3月26日)は快晴の中、長田東自治会館で令和2年度最後の「楽らく体操」が開催されました。

大阪は少し沈静化もしてきているようですが、まだまだコロナウイルス感染症の心配もありますので、三密を避けるために、

13:30からと14:45からの2回に分け開催させて頂いています。

 

講師は、いつも楽しく体操される、健康運動実践指導者の前田真理子先生です。前田先生は簡単な様に思える運動でも、どのような効果があるかなどわかりやすく解説してくださいます。本日はいかに長く自分の足で歩くために、どのような筋肉を意識して運動したり、身体を動かすのが良いのかを分かりやすく説明してくださいました。

 

背筋をしっかりと伸ばすことが大切だそうです。

皆さま背筋が伸びて良い姿勢です。

いつもながら先生は綺麗な姿勢です。

皆さま負けじと頑張られます。

いつものスクワットにも皆さま真剣です。

最後は、梓みちよさんの「こんにちは赤ちゃん」の曲に乗せて体操です。

最後のポーズも決まりました。

定期的に体操に参加して体を動かすことも良いことですが、「楽らく体操」に参加していただくことで、地域の皆様の交流の場になったり、頭の体操を兼ねた運動などでは間違いがあっても笑いが生まれることで、和やかな雰囲気の中で交流になればと考えています。大きな声で笑う機会があるのも、楽らく体操の醍醐味ではないかと思います。

 

次回は令和3年4月23日 金曜日の13:30からと14:45からです。健康を一杯貯蓄して地域で元気に過ごしていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です