第5回(最終回) 元気歯つらつセミナー

地域包括支援センター アーバンケア新喜多の髙平です。

8月7日(水)に開催された「元気歯つらつセミナー」について報告させていただきます。

 

今回は14名の方が参加されました。

全5回のセミナーの最終回ということで、参加者全員に修了証が授与されました。

 

修了証授与

 

続いてこれまでのセミナーの振り返りが西歯科医師会 岩田先生よりありました。

 

○かかりつけ薬局の必要性について

お薬手帳を持ち、薬が重複しないように管理。正しい薬の飲み方の指導や、飲み忘れて薬が余れば整理してもらえます。

 

○お薬と歯科の関係について

骨粗鬆症の薬を飲んでいると、処置後の傷が治りにくい。血液をサラサラにする薬も注意が必要。これらの薬を飲んでいる場合は歯医者さんでお薬手帳を見せて伝えてください。

 

 

健口体操

 

きよしのズンドコ節に合わせて健口体操を行い、食べる時の姿勢や、地域包括ケアシステムについてお話がありました。

 

第1回目で歯の検診をしていただきましたが、今回はその時と比較するための検診を受けていただきました。

 

歯科検診

 

 

最後に楽らくトライ体操を行い、お口のケアグッズのプレゼントがありました。

お口のケアグッズ

 

 

皆さん、お疲れ様でした。

セミナーで勉強した事を実践し、お口の健康を保っていきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA